法人がん保険の保障内容

死亡保障だけでは負えないリスク

医療技術の進歩や早期発見により、がんで死亡するケースは以前と比べて減少しているとはいえ、職場復帰するまでには相当の期間を要します。

一般的にほとんどの保険会社で入院日額給付金の最高保険金額は60,000円です。その他の給付金は、がん診断給付金は最大1,800万円、がん手術給付金は120万円、死亡給付保険金は最大6,000万円となっています。

概ねほとんどの保険会社で、「がんになった」と判明した場合に支払われる診断給付金にウェイトを置いており、その給付額は最高1,800万円、以後に必要な治療費のみならず、事業資金としても活用しやすい保険金の払い方が設定されています。

保障内容は保険会社によって多少異なりますが、概ね以下の通りです。

保障内容 給付倍率
がん診断給付金 日額×100~300倍
がん手術給付金 日額×20倍
がん入院給付金 日額×入院日数
がん高度傷害保険金 日額×1,000倍
がん死亡保険金 日額×1,000倍

万が一、代表者ががんに罹患し、入院・手術・在宅治療等で、代表者の不在が長引くことは、経営危機につながる危険性を含んでいます。
法人がん保険は保障内容が厚いため、受け取る保険金は治療のみならず、運転資金としても活用が可能で、がん治療による代表者不在時の売上の減少等のリスク回避としても有効です。

※がん入院給付金は、日額給付金ではなく月額給付金で設定している保険会社もあります。

お問い合わせ・御見積りはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ